人体実験バイトの実態とは? コンビニバイトと比べてみた


「人体実験のバイトは、楽なのに高額稼げるらしい」

こんなウワサを聞いたことはありませんか?

でも「人体実験」って何だかヤバそう……。というか本当にあるの?

今回はその正体と、どれくらい稼げるかについてお伝えします。

人体実験ではなく「治験」

高額が稼げるという「人体実験」ですが、正しくは「治験」と言います。

治験とは、新しいくすりを患者や健康な人に飲んでもらって、安全性と有効性(効果)を確かめる臨床試験のことです。この結果によって、実際にくすりとして使用されるか否かが決まります。

そう聞くとやはり「ヤバい薬を飲まされるのでは!?」と思われるかもしれませんね。しかし治験に至るまでにさまざまな実験が行われています。「安全かつ効果がある」という結果がでているくすりが、本当に安全で効果があるか確かめるための最後の臨床試験。それが治験です。そのため当然ながら「安全も効果も確認されなかったもの」が使われることはありません。

ではそんな治験は、どれくらい稼ぐことができるのでしょうか?

今回はポピュラーなバイト・コンビニバイトと比較して検証してみます。

コンビニバイト

メインは「レジ打ち」

コンビニの仕事は「レジ打ち」「清掃」「商品の陳列」「商品の発注」「簡単な調理」と大きく分けて5つあります。

メインは「レジ打ち」で、公共料金の支払いやチケットや煙草、はがきの販売など業務は多いです。しかし誰でも出来るようにマニュアル化してあるので、新人でもすぐに仕事に取り掛かれるようになっています。

来客数の少ない深夜は「清掃」「商品の陳列」「商品の発注」がメインとなります。こちらの時間帯は接客が苦手な人でもやりやすいかもしれませんね。

時給は1000円前後

時給は大体900~1000円。都会や駅前など忙しい店舗などは時給が高い傾向がありますが、それでも1000円前後でしょうか。深夜・早朝なら時給は25%アップします。この合計が給料日に支払われます。

空いた時間にサクッとバイトする場合

時給950円×4時間・週3バイト(月48時間)=月収4万5600

 

ガッツリ週5でバイトする場合

時給950円×8時間・週5バイト(月160時間勤務)=月収15万2000

都合に合わせて働きたい人にぴったり

コンビニバイトの特徴はシフト制で出勤日や出勤時間の都合をつけやすいこと。自分のライフスタイルに合わせて働けるのがいいですね。店舗数が多いため、家や学校の近くで働きたいという人にはうってつけではないでしょうか。

治験バイト

医療機関で検査・投薬を行う

治験には「通院」と「入院」の2タイプがあります。その名の通りなのですが、通院は内容にもよりますが2、3時間程度行うものが多いようです。入院も短期のものから、中には20泊という長期なものまで。

入院中、基本的には「くすりを飲む」「検温や採血などの検査を受ける」だけ。これも治験内容によって違いは出てきますが、それ以外はヒマ! 病院にある漫画を読んだり、勉強をしたり、持ちこんだパソコンや携帯ゲームで遊んでいたり、自由に過ごしてOKなんです。もちろんごはんも出るので食事の心配もいりません。のんびりしている時間も労働時間になるなんて、ちょっと得した気分ですよね。

入院治験の報酬、1日1万~2万が相場

実際に治験募集サイト「ニューイングに掲載されている治験を少しご紹介します。

「健康な男性を対象にした3泊入院の治験」の例

対象

20~39歳以下の日本人男性で、体重50㎏以上かつBMI18.5~24.9の人。2017年4月1日以降たばこやニコチン製品を使用していない非喫煙者(その他詳細条件アリ)。

場所

福岡県内

日程

事前に健康診断を受け、3泊4日の入院+1回の通院。

報酬

7万3000

 

「健康な男性を対象にした9泊入院の治験」の例

対象

20~44歳の日本人健康男性で、体重52kg以上かつBMI18.7~24.7の人。喫煙歴、刺青、タトゥーがない人(その他詳細条件アリ)。

場所

東京都内

日程

事前に健康診断を受け、9泊10日の入院+2回の通院。

報酬

22万7000

 

入院をして受ける治験の相場は、大体1日あたり1万~2万円です。同サイトによると「全日程終了後手渡しもしくは数週間後に振込」となっています。応募するときに確認してみてください。

時間がある人におすすめ!

基本的に参加条件が合い、事前の健康診断をクリアした人ならどなたでもOK!

「接客は苦手」「レジ打ちも出来るか心配」なんて考えなくても大丈夫。ただ病院に行くだけです。1日だけの治験もありますが、やはり入院の方が稼げるので指定された期間に入院が出来る人にオススメです。時間のある大学生や、仕事を辞めている間に治験をする人も多いようです。

コンビニと比べると、圧倒的高収入な「治験」

こうしてみると治験は高額バイトだということは一目瞭然!

たった3泊入院するだけで、週3日4時間働いたバイト代の約2もらうことができます。9泊入院すると、コンビニでガッツリ週5バイトする以上もらえるのはもちろん、なんと大卒初任給以上の報酬が手に入ります(厚生労働省調べ)。

http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/16/dl/01.pdf

条件さえあえば、短時間で高額を稼ぐことができる「治験」。参加しない方が損かもしれませんね。

治験募集サイトに登録して参加!

参加方法はとても簡単です。募集サイトの中から参加したい治験を選び、申し込む。健康診断の結果、対象者と判断されたら治験に参加することができます。

治験募集サイトは大小さまざまで、登録してもほとんど募集がないサイトもあります。下の2サイトは募集される数が多くておすすめなので、ぜひ登録してみてください。

おすすめの治験募集サイト
募集されている治験の数が多い『ニューイング』

各地で募集される治験も多い『クリニカル・ボランティア・サポート』